企業情報COMPANY

会社概要OVERVIEW

商号松村産業株式会社
創業1919年2月
設立1939年12月
資本金2千万円
代表者松村 一豊
事業所

▼本社
大阪市西淀川区佃7-3-8>map
Tel 06-6473-1225 Fax 06-6473-1229

▼東京営業所
東京都千代田区内神田1-5-2 平野ビル4階>map
Tel 03-3518-2377 Fax 03-3292-5333

工場

▼本社工場
大阪市西淀川区佃7-3-8

▼関東工場
茨城県稲敷郡河内町生板6266

面積敷地:8,900㎡
本社社屋:660㎡
本社工場建屋:7,000㎡
従業員40名
取引銀行三菱UFJ銀行 尼崎支店、杭瀬支店
三井住友銀行 西野田支店
みずほ銀行 西野田支店、神田駅前支店
加盟団体日本医薬品添加物剤協会
日本食品添加物剤協会
ポリオレフィン等衛生協議会
全国タルク協議会
大阪商工会議所

生産・営業の品目PRODUCTION ITEM

生産・品目タルク製品、マスターバッチ等、樹脂加工品
その他取扱商品鉱物全般、ベントナイト、炭酸カルシウム、マイカ

組織図ORGANIZATION CHART

組織図

アクセスACCESS

本社・本社工場

本社及び本社工場は大阪市の西南端に位置し、神崎川の河口近く船舶の接岸荷役が可能で海運の便に恵まれております。

  • JR
  • 阪神電鉄

東京営業所

沿革HISTORY

1919年大正8年 松村楠一が発見した鳥取県隠岐郡の優秀な珪藻土鉱床を母体として創業。
隠岐工場建設
1939年昭和14年 松村産業株式会社設立
1945年昭和20年 戦災により本社工場焼失、敗戦により海外の鉱山、工場喪失
1946年昭和21年 戦災を免れた国内工場と鉱山の稼動を開始、本社工場の一部復旧稼動
1950年昭和25年 本社工場全面復旧
1970年昭和45年 超微粉のフィラータルク「ハイフィラー」、日本薬局方による 「局方タルク」の生産を開始しました。
1979年昭和54年 東日本の供給基地として群馬県安中市に関東工場が完成。
1984年昭和59年 中国広西省Longsheng地区のタルク鉱床を開発、工場建設に参加、化粧品向けタルクの製造技術供与。
化粧品用タルク「Osmanthus Bland」供給開始。
1990年平成2年 超微粉フィラータルクの脱気圧縮技術を確立。
「ハイフィラー」チップグレードとして上市。ポリプロピレン樹脂重合のインプラントでのマスターバッチ化技術に先鞭を付けました。
中国遼寧省地区タルク製造メーカーに超微粉フィラータルクの生産技術を供与。「ハイフィラー」のOEM生産を開始。
1998年平成10年 群馬県安中市の関東工場を廃止し、キハラ化成(株)を買収、子会社化。関東地区生産拠点を茨城に移転

弊社は未来に向かってタルクの用途開発を続けています。

弊社の製品は直接人の目にふれることは稀ですが、化粧品から鉄鋼製品に及ぶ
あらゆる工業素材として見えないところで社会の進歩に貢献しております。

例えば医薬用では賦形剤・滑沢剤として、化粧品用途ではファンデーションの基材として使われています。
自動車1台に使われている「クラウンタルク」及び「ハイフィラー」はエンジンの構成部品、
マフラーの排ガス触媒担体、バンパー、インストルメントパネルのプラスチック、電装部品、
塗料、タイヤ
等々数え切れない部品に使われています。

10万トンのタンカーも溶接棒の副原料として「クラウンタルク」が無ければ建造できません。
又、「クラウンタルク」で組成焼成されたセラミックコンデンサーが、アポロ宇宙船の電子回路
を構成し、月世界往復を果たした。というエピソードをご存知でしょうか。

まさに、しられざる素材として隠れた活躍をしております。

タルクに関するお問合せCONTACT

用途に応じて最適な製品のご提案・加工作業を行います。
詳しくはお問合せください。

お電話でのお問合せ/平日9:00~17:00

松村産業株式会社 メールでのお問合せ